【埋蔵文化財調査センター】国道432号大庭バイパス建設予定地内埋蔵文化財発掘調査支援業務



入札公告

 次のとおり一般競争入札に付すので、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の6第1項の規定に基づき、公告する。

 平成29年8月1日

 島根県教育庁埋蔵文化財調査センター所長萩雅人

1入札に付する事項

(1)入札内容

 平成29年度国道432号大庭バイパス建設予定地内埋蔵文化財発掘調査支援業務

 (2)入札案件の仕様等

 入札説明書による。

 (3)業務(契約)期間

 契約締結の日の翌日から平成29年12月26日

 (4)業務場所

 島根県松江市大庭町地内

 (5)入札方法

 落札決定にあたっては、入札書に記載された金額に当該金額の8%に相当する額を加算した額(当該金額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた額)を落札価格とするので、入札者は、消費税及び地方消費税に係る課税事業者であるか免税事業者であるかを問わず、見積もった契約金額の108分の00に相当する金額を入札書に記載すること。

2入札参加資格

 次の(1)から(11)までのすべての項目に該当することが必要である。

(1)入札公告日において、平成29・30年度島根県建設工事等入札参加資格者名簿に登載されている者であること。

(2)地方自治法施行令第167条の4の規定に該当しない者であること。

(3)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)又は同条第2号に規定する暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有する者を経営に関与させている者でないこと。

(4)島根県税を滞納していない者であること。

(5)消費税及び地方消費税について滞納していない者であること。

(6)島根県内に本社又は支社、営業所を設置している者であって、過去5年間において島根県又は島根県教育委員会から建設工事、又は業務委託の受注実績がある者。

(7)次の(ア)又は(イ)の条件を満たす者であること。

(ア)過去5年間において埋蔵文化財発掘作業現場で(※)6ヶ月以上現場管理業務を請け負った者。

(イ)過去2年間において埋蔵文化財発掘調査支援委託業務講習会を受講したものを監理技術者または主任技術者として専任で配置できること。

(※)現場管理業務は次の業務を行っている場合とする。

 ・作業業務又は工事の執行及び管理

 ・作業員の雇用・管理業務

 ・現場の保守・安全管理

 ・出来形管理

(8)次の基準を満たす監理技術者又は主任技術者を本件業務に専任で配置できること

(ア)監理技術者にあっては、土木工事業に係る1級又は2級土木施工管理技師。

(イ)専任で配置する技術者は、当工事の開札の日以前3ヶ月以上の恒常的な雇用関係を必要とする。

(ウ)配置技術者は契約日時点で配置できる技術者とする。なお、入札書を提出する時に、他の工事に主任技術者を配置する可能性がある等の理由により、配置技術を特定できない場合には、複数の候補者を提出することができる。

(エ)入札書等を提出する時において他の工事に従事中である技術者については、次の場合に限り資格確認資料を提出することができるものとする。

 1)従事中の工事の契約工期の終期が開札日の前日までの場合

 2)従事中の工事の契約工期が開札日以降の場合であっても、完成検査が開札日の前日までに終了している場合

 3)従事中の工事の契約工期が開札日以降の場合であっても、完成検査が開札日の前日までに行われていることが決定している場合

(オ)落札後、業務の履行にあたって、入札時に提出した配置技術者を変更できるのは、病休、死亡又は退職等の極めて特別な場合に限る。

なお、落札後において、配置予定技術者の専任配置ができないことが明らかになったときは、契約前であれば契約を締結しない場合がある。また、契約後であれば契約を解除する場合がある。

(9)本公告に示した業務内容について確実に履行できる者であること。

(10)島根県が実施する建設工事等の請負又は物品の購入もしくは製造の請負の指名競争入札において、指名停止の措置を受け、入札日においてその措置の期間が継続中の者でないこと。

(11)この入札に係る入札説明書の交付を受け、指定期日までに別の定める入札参加資格確認申請書を提出した者であって、入札参加資格を有すると島根県教育委員会教育長が認めた者であること。

3入札参加確認申請に必要な書類の提出場所及び入札書の提出場所等

 (1)入札参加申請書の提出場所、入札説明書の交付場所及び問い合わせ先

 〒690-0131島根県松江市打出町33番地

島根県教育庁埋蔵文化財調査センター総務課

 電話0852-36-8608ファクシミリ0852-36-8025

 (2)入札説明書の交付期間及び交付方法

平成29年8月1日から平成29年8月7日(島根県の休日を定める条例(平成元年)島根県条例第9号)第1条に規定する休日を除く。)の午前9時から正午、午後1時から午後5時までの間、上記3(1)の場所において交付する。

 (3)入札説明会

 実施しない。

 (4)設計図書の閲覧場所及び日時

場所:島根県教育庁埋蔵文化財調査センター総務課

 日時:平成29年8月1日から入札日の前日までの土曜日・日曜日・祝祭日を除く毎日。

 時間は午前9時から正午、午後1時から午後5時までの間とする。

 (5)入札参加資格申請書及び添付書類の提出期限及び提出先

 提出期限:平成29年8月7日(月)午後5時

 提出場所:上記3(1)の場所

 提出方法:持参又は書留郵便による郵送(提出期限必着のこと)

4入札の日時及び場所

 日時:平成29年8月18日(金)午後2時

 場所:島根県松江市打出町33番地島根県教育庁埋蔵文化財調査センター

いにしえ学習館体験学習室

 その他:郵便、FAX、電話その他による入札は認めない。

5その他

 (1)契約の手続きにおいて使用する言語及び通貨

 日本語及び日本国通貨とする。

(2)入札保証金

 島根県会計規則第61条の2第3号により免除する。

 (3)契約保証金

 落札者は、契約締結までに契約金額の100分の10以上を納付すること。但し、落札者が島根県教育委員会教育長を被保険者とする履行保証保険証券を提出した場合は免除する。

 (4)入札者が応じなければならない事項

この入札に参加を希望する者は、入札説明書に記載された期限までに必要な書類を提出し、資格の確認を受けなければならない。また、当該書類について説明を求められた場合はこれに応じなければならない。

 (5)入札の無効

 本公告に示した入札参加資格のない者が入札したとき、入札者に求められる義務を履行しなかったとき、その他島根県会計規則第63条各号のいずれかに該当するときは、当該の入札は、無効とする。

 (6)落札者の決定

 島根県会計規則第62条の規定に基づき定められた予定価格の範囲内で最低の価格をもって有効な入札を行った入札者を落札者とする。

 (7)契約書作成の要否

 要する。

 (8)契約の停止等

 島根県教育委員会教育長に提出する申請書等の書類の記載事項に事実と相違があることが判明したときは、契約を停止、又は解除することがある。

 (9)その他

 詳細は入札説明書による。



こんな記事もよく読まれています



コメントを残す